So-net無料ブログ作成

全身タトゥー男がレーザー除去へ その意外な目的とは [画像]

スポンサーリンク




2014y03m29d_163001388.jpg



全身に彫り物を施したこの男は英バーミンガム出身で、仲間からは“ボディアート”の名で呼ばれる元プロレスラーの34歳。


全身の90%に色鮮やかなタトゥーを彫り、左の白目の部分にも黒いインクを施しています。
こんな男にはやはりトラブルがつきもの。2か月ほど前にはパスポートの更新が許可されず
憤慨していました。


しかし変わっているのはタトゥーばかりではありません。
生まれた時の名はマシュー・ウィランででしたが、2007年、2009年と2度にわたって改名手続きを行い、今は“King of Ink Land King Body Art The Extreme Ink-Ite”というとんでもない名前で登録されているのです。


そのため世間も「パスポートの更新手続きが進まないのは当然」と、厳しい目を彼に向けました。
これに本人も少し反省したのでしょうかか、このほど約100万円を投じ、6回におよぶレーザー治療を経て手、腕、向こう脛のタトゥーがキレイに消し去られたのです。


人々はこの話に「彼もやっとまともに」などと胸をなでおろしたようですが、本人の意図はそこではありませんでした。なんと


 「飽きたから消しただけだよ。
  今はレーザーの傷を癒やしている最中で、皮膚の状態がよくなったらまた新しいタトゥーを彫ってもらう」


とのこと。英紙『デイリー・ミラー』に


 「オレは歩くキャンバス。自分のボディでアートを楽しんでいるんだ。
  皆が見て楽しんでくれることが一番の喜びだね」


と誇らしげに語ったそうです。



※ 画像は『Mail Online』のスクリーンショット。
TechinsightJapan参照


白目にもタトゥーって出来るんですね。
視力は大丈夫なんでしょうか?
こんな人が近所にいたら、怖いですね。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。