So-net無料ブログ作成

赤ちゃん 体重277グラムで誕生 無事に退院  [ニュース]

静岡県立こども病院(静岡市葵区)で昨年8月、体重277グラムで生まれた女児が28日退院しました。
300グラム未満の赤ちゃんが無事成長して退院するのは、世界的にまれだそうです。

 
女児は予定日より約14週早い妊娠26週に帝王切開で生まれました。
肺機能が未熟なため、2カ月間は人工呼吸器を装着しました。
栄養補給も続け、重い感染症になった時は抗生剤治療などで一命を取り留めました。

 
その後、発育力を取り戻し、11月からは母親の手で抱けるようになりました。
現在、体重は2700グラムに成長しました。


今後も通院は必要ですが、一年程度で不要になる見込みです。
病院関係者は「小さな命だが大きく育って」と成長を願っています。



wikipediaを調べてみました。



無事に成長した未熟児の中でこれまで世界で最も小さかったのは
2004年にイリノイ州で260gで生まれた女の赤ちゃんである。


また、世界で2番目、日本で最も小さかったのは、2006年10月に慶應義塾大学病院で
妊娠25週目に265gで生まれた女の赤ちゃんである。



本当に世界でも稀なんですね。
無事に、健康に成長してくれるのをお祈りします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

安っ! 一泊100円 中国コンテナ族が8000人に [海外ニュース]

中国の不動産は近年高騰しており、低所得者や貧困層は高すぎる住宅に手が出せず、さまざまな場所に居住しています。


北京では地下に住む「鼠(ねずみ)族」が存在し、高騰する住宅と貧富の二極化を反映しています。






そんな中、「コンテナ族」という言葉が今ネットで広まっていると、香港紙・成報が伝えました。



無題.png



文字通り、彼らはコンテナに住んでおり、四川省成都市だけでもすでに8000人以上が利用していると思われます。


コンテナハウスに住む人の多くは建設関連の現場作業員で、中にはホワイトカラーや大学生も利用しているようです。


コンテナハウスは1泊6元(約100円)ほどで借りられます。



冬は寒いし、夏は暑いんでしょうね。
それでもホームレスよりはましなのか。
一泊100円とは、激安ですよね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

医者に殺されない47の心得 がん検診はいらない [健康]

5年間、独自のがん治療法を訴え続けてきた医師の近藤誠さんの近著『医者に殺されない47の心得』が108万部のベストセラーになっています。



無題.png




「初期であろうと末期であろうと、がん患者はなるべく臓器を温存したほうが生活の質も上がり むしろ寿命が延びる」──という近藤医師の理論。
がん検診、無用な手術、抗がん剤がいかに不要であるかを訴えています。

 
近藤医師による現在の医療常識とは一線を画すさまざまなアドバイス。
では実際に、どのようにがん治療と向き合えばいいのか、その流れについても伺いました。


「ご飯がおいしく食べられて、何も症状がない健康な人は、健診や人間ドックに近寄らない。それが最大の健康法です。健診を受けると、がん患者にされてしまう可能性が大きい。職場で健診をする必要がある人はできるだけ検査項目を減らし、がん発見の可能性を少なくしてください」


(近藤医師、以下「」内同じ)

 
出血などの自覚症状があったとしても、1回限りならそれほど心配はない。
乳房のしこりも、50才前後だと女性ホルモンの影響もあるからまずは様子を見る。


力の入れ加減を同じにして定期的に大きさを測り、それでもやはりしこりがあるようだとわかったときに始めて行動を起こせばよい──それが近藤医師の主張です。

 
その場合、大学病院でなく、まずは近隣の開業医や診療所を訪れれば充分。
そこでがんだと告げられ、医師に手術や抗がん剤治療を勧められたら
必ずセカンドオピニオンを取るようにしたい。
セカンドオピニオンとは、診断や治療方針について主治医以外の医師の意見を聞くことだ。


「その際は別系列の大学病院、あるいは別の診療科を訪ねてください。そうでないと、医師は同じ意見しか言わない。なぜなら、多くの医師はガイドラインに書いてある通りの治療法しか話さないからです」

 
たとえセカンドオピニオンを取ったとしても、同じ意見を聞いて自分のところに帰ってくる
と紹介状を書く医師も思っている。だから安心して検査資料を渡すのだそうです。


「反対に患者を奪われると思えば、そう簡単にはいきません。事実、ぼくのところに来たくても、医師から資料を渡してもらえなくて困る人は少なくありませんでした」

 
そこで昨年、設立した『近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来>>>』では
検査資料などがなくても診療できる体制を整えました。


「患者の話だけでも、診療方針の大枠はアドバイスできます。患者はもともとサービスを受ける客側の立場にある。どこで治療しようが、たとえ転院しようが、自由だと考えてください。日本では長い間、医者が優位という状況が続いてきたために、患者側が遠慮する傾向にあるのです」

 
どの臓器のどんな状態のがんにも、必ず複数の治療法があるもの。
セカンドオピニオンを経て、なるべく臓器を残す治療法を選びたいものです。


「検査で発見されても、自覚症状がなくごはんがおいしければ、がんであることを忘れて生活してください。転移のある末期がんでも、苦痛などの症状がなければ様子を見るのがいちばんです。おとなしく寝ている子を起こしてはいけない。がんが暴れ出さない限り、そっとしておくのです。その方法がいちばん寿命が延びます。苦しみ抜いて死ぬのは、がんのせいではなく、切除手術や抗がん剤治療のせいなのです」




※女性セブン2014年3月6日号




近藤誠 著書>>>

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

佐村河内守ゴーストライター 彼の耳は聞こえている [話題]

「両耳の聞こえない作曲家」として知られていた佐村河内守さん(50)のゴーストライターをしていたことを告白した新垣隆さん(43)が、27日発売の「週刊文春」に独占手記を寄せました。

 
佐村河内さんは先日、3年前から聴力が回復していたことなどを告白しましたが、手記で新垣さんは「(出会ってから)18年間、ずっと聞こえていたのだと思います」と否定しました。


その理由として、新垣さんが作った曲のテープを佐村河内さんが聴いて内容を判断していたこと、電話で会話したことなどを挙げました。




電話で会話ができるんだったら聞こえてるし、佐村河内さんが「嘘ついてません、信じてくれ」といっても
信じられないよね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

3歳の長男に犬用の首輪を付けて拘束 父親逮捕 [事件]

3歳の長男犬用の首輪を付けて拘束したとして、徳島県警徳島東署は25日、徳島市鷹匠町4、無職、山下翔吾容疑者(26)を逮捕監禁容疑で逮捕しました。


長男に目立った外傷はなく、山下容疑者は「食べ物などで家の中を散らかさないよう(首輪を)付けていた」と容疑を認めているそうです。

 
逮捕容疑は、自宅マンションで今月15日早朝、長男(3)に布製の犬の首輪を付けたうえで、長さ約1・2メートルの革製のひもをベランダの窓の鍵の部分につないで監禁したとしています。

 
徳島東署によると、山下容疑者は「昨年夏ごろから毎日のようにやっていた」と供述。
就寝前や外出時などに拘束していたそうです。


鍵の高さは約90センチで長男の身長は86センチ。
山下容疑者は、ひもの先端部の金属製フックを鍵に引っかけて固定していたそうです。

 
山下容疑者は20代の妻と長男の3人暮らし。
徳島県中央こども女性相談センターなどによると、自宅を訪れた山下容疑者の知人が
首輪につながれていた長男を目撃して写真に撮り、徳島東署に相談して発覚しました。


25日に署員とセンター職員が自宅を訪ねたところ、首輪とひもは窓のそばに置かれていましたが
その後、山下容疑者が長男の拘束を認めました。
同署は妻からも事情を聴いています。

 
長男を保護したセンターによると、「衰弱した様子もなく、夕食もよく食べた」そうです。
センターにはこれまで長男が監禁されているという情報は寄せられていませんでした。



3歳の男の子はよく動きます。
ひもに引っ張られて窒息することがなくて、よかったです。


よく思うことだけど、一方がとんでもないことを思いついた時
もう片方がそれはないでしょうが、とつっこむことなく
話しがどうして成立してしまうんだろう。


息子に犬の首輪って、母親がどうしてそれをさせるかな???
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ゲームのため35万円で腎臓売った中国少年 重い腎不全に [海外ニュース]

年間1万件以上臓器移植手術が実施され
移植希望患者は150万人に上るといわれる中国では
死刑囚身元不明遺体の臓器流用
日常的に行なわれてきたそうです。


中国政府は国際社会の批判を封じるべく矢継ぎ早に対策を講じました。
2006年には、商業目的の死体売買を禁じる「死体処理管理規定」を公布。
2007年にはドナーの同意なき臓器摘出を禁じた「人体器官移植条例」
施行しました。


これにより、生体移植は原則として血縁者間に限られ
外国人への移植も事実上、禁止されました。
また昨年11月には「14年中の死刑囚ドナーの臓器移植停止」も表明しています。

 
しかし政府による臓器摘出への締め付けが臓器不足を深刻化し
皮肉なことに闇市場が広がる原因となってしまいました。


ブローカーは、ネットで臓器を販売する人を募り、3万元(約52万円)程度で仕入れた腎臓を
その数倍から10倍の値段で売りさばいているようです。


中国での移植費用の相場は、角膜=300万円、腎臓=650万円
肝臓・肺・心臓=1300万~1500万円といわれています。


わずかな金欲しさに臓器を売る若者は後を絶たず、「iPad2」購入のため腎臓を売った17歳の少年は
2万元(約35万円)と引き換えに重い腎不全を患ってしまったそうです。


悔やんでも悔やみきれないでしょうね。
健康はお金で買えないということを、若い少年は思いつかなかったのでしょうか?



※SAPIO2014年3月号より
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

なんだよ中国のくせに いいこと言ってくれるじゃん [海外ニュース]

中国新聞社は24日、「ソチ五輪の感動シーン」について報じ、浅田真央選手を筆頭に論じました。



記事は

「フリーでは、音楽がクライマックスに近づくにつれ、浅田の絵に描いたような美しい舞いが展開された。
 音楽が終わった瞬間、日本の美少女の目には涙があふれ、両手で涙を拭き続けていた。
 彼女は音楽が終わった時に自身のアスリート人生も終わることを知っていたためだろう」

と報じています。


さらに記事は、浅田選手が17歳でトリプルアクセルを成功させたことや
1つの大会で計3回のトリプルアクセルを成功させた初の女性選手であることなどを挙げ


「浅田のアスリート人生は奇跡の連続だった」


と論じたほか


「浅田のフリーでの完ぺきな演技はジャッジの心を打ち、142点を超える高得点が出ると
 浅田の顔にはようやく見慣れた笑顔が戻った」


と報じました。

 
浅田選手は残念ながらメダル獲得には至りませんでしたが、記事は

「メダルを獲得できなくても、浅田は観客たちの心を掴み取ったのだ」

と、浅田のソチ五輪での演技を高く評価しています。
最大の賛辞ですよね。




ソチオリンピックで行われたスピードスケートの競技に関して
韓国と中国は不満があるようで、お互いにけなしあっています。


中国のネットユーザーからは


 「なんだか時どき日本が可愛らしくみえてくる」


 「韓国は日中友好の懸け橋だ」


なんて、こちらがこそばゆくなるようなコメントも書き込まれているようです。



浅田選手の演技と人柄は海外から高く評価されていて
日本の印象を強く高めてくれています。


メダル獲得より、素晴らしいフリーの演技で世界を魅了した真央ちゃん。
それをきちんと評価してくれる中国メディアと国民。
とにかく謝謝です。


幼い頃から比較され、ともに戦ってきた韓国のキム・ヨナ選手
ちょっと泣けてきちゃうようなコメントをしてるんですよね。







バンクーバー、ソチオリンピック。
二つの大会でショート、フリーともにノーミスで滑れたというのは
キム・ヨナ選手、悔しいけれどあっぱれです。




関  連  記  事



ズムサタ 浅田真央 荒川静香対談 今後のこと

ZIP 羽生結弦選手 “おじぎ”の秘密は柔道へのリスペクト


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

東京マラソン 森元首相 真央発言で大ブーイング [スポーツ]

ソチ五輪フィギュアスケート女子に出場した浅田真央選手(23)に対して「大事なときに必ず転ぶ」などと発言して物議をかもした東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相(76)が23日、東京マラソンのスタートセレモニーで市民ランナーたちから激しいブーイングを浴びせられました。


森氏は午後には、天覧試合となったラグビー日本選手権2回戦が行われた秩父宮ラグビー場に移動。
日本ラグビー協会の会長として、天皇、皇后両陛下の説明役を務めました。

 
午前8時半、横川浩日本陸連会長らとともに東京・新宿区の都庁第一庁舎前の特設ステージに立った森氏は「沿道の皆さんもランナーのために応援をしてください。ご健闘を祈ります」などと約30秒間あいさつしました。


しかし、拍手はまばら。
スタート直前の市民ランナーたちは手厳しい反応を示しました。

 
「森くーん」「森キロー!」などの冷やかしの声に交じって「真央ちゃんがかわいそうだろ!」「転ぶとか言うんじゃねえぞ!」などのヤジが飛び交いました。


それでも、森氏は号砲から約24分間、約3万6000人のランナーがスタートラインを越えるまで笑顔で手を振り続けました。



森元首相って、スポーツ関係の会長をたくさん務めてるんですね。
若い頃はラグビーをしていたそうです。


会長を務めているだけに、勝てない団体戦に浅田選手を引っ張りだすことはなかった
と言いたかったそうですが、真意が伝わらなかったそうです。






関  連  記  事



森氏が強調 浅田選手発言は真意と違う

森元総理 ニュアンスが違う? 発言全部の内容とは

ズムサタ 浅田真央 荒川静香対談 今後のこと 

ZIP 羽生結弦選手 “おじぎ”の秘密は柔道へのリスペクト







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

初の快挙 ヘビーローテーション 再生回数1億回突破 

日本の音楽動画で初の快挙です。

AKB48「ヘビーローテーション」再生回数1億回突破


AKB48の代表曲「ヘビーローテーション」の再生回数が2014年2月23日
ユーチューブ上で1億回を突破しました。
日本人歌手によるミュージックビデオとしては初めてのことです。






この「ヘビロテ」は、大島優子さん(25)が10年の「選抜総選挙」で初めてセンターポジションを勝ち取った曲。



このミュージックビデオを撮影した蜷川実花さんからもこんなツイートが寄せられました。


ヘビーローテーションが1億回YouTubeで再生されたって凄すぎるなぁー。
撮ったときはまさかそんなになるなんて思ってなかったよ!!


ninagawamika (蜷川実花) - 2時間前



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

巡査 柔道1時間で4試合 通路で倒れ重体 [ニュース]

21日午後2時頃、愛知県春日井市廻間町はざまちょうの県警察学校で、各務(かかむ)貴彦巡査(25)が、柔道の昇段試験を受けた後、柔道場の通路で倒れているのを同学校の巡査が発見し、職員が119番しました。

 
各務巡査は病院に搬送されましたが、意識不明の重体です。

 
県警の発表によると、各務巡査は同日午後1時から初段の昇段試験を受け、4試合対戦したそうです。
県警は対戦相手から事情を聞くなどし、原因を調べています。


各務巡査は昨年10月に採用され、学校に入校していました。



1時間のうちに4試合対戦したのが普通なのか分かりませんが
25歳の男性が意識不明の重体に陥ってしまった原因を
徹底的に調べて欲しいと思います。


各務巡査の意識が早く戻られることをお祈りします。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。